ありとあらゆる日記

何を書くかはその日の気分におまかせ

惰性を情熱に変えるライフハック

「最近、惰性で生きているな~」と感じたら、Google検索で興味の幅を広げている。

 

プライベートモードをオフにしてブラウザを起動。検索エンジンにテキトーな言葉を打ちこむのだが、この言葉は別になんだっていい。大事なのは予測変換の方。一文字一文字入力する度に候補の一番上の単語が移り変わっていく。

例えば「ことりっぷ」と打ちこむと、

こ→恋ダン

こと→小峠

ことり→コトリバコ

ことりつ→ことりつぎ

ことりっ→ことりっぷ

ことりっぷ→ことりっぷ 会話

自分の知らない単語を発見したら即座に検索。新しい世界が僕らを待っている。

 

時々、幸運な事故に出くわす。

検索ワード:公務員

こ→恋ダン

こう→校閲ガール

こうむ→蒙古タンメン

こうむい→公務員

こうむいん→公務員

 

蒙古タンメン???

 

エンジントラブルが原因で起きた事故である。だがこれは幸運な事故だった。だって蒙古タンメンの存在を知れたもん。数日後に食べに行けたもん。おいしかった。

 

 

はじめましてとタイトル告別

皆さん初めまして、塩栗タケルといいます。

緊張の初ブログです、ドキドキワクワク。

1週間に2~3回を目安に更新するつもりなんで、よろしくお願いします!

 

初記事は挨拶だけで終わるつもりだったけど、没になったブログタイトルの葬送を早めに済ませておきたいなあ・・・

 

「葬式」やろ。

 

 

 

~開式~

 

「本日はご会葬くださり誠にありがとうございます。只今より、ブログタイトルの候補に挙がりながら競争に敗れ、二度と顧みられることのない哀れな文字列諸氏のため葬儀を執り行います。この度は4名の文字列がお亡くなりになりました。各文字列に弔辞の言葉を捧げ、最後のお別れとさせて頂きます。

 

1『都道府県と僕』

雑記ブログらしく日本中を話題にできるタイトルをつけたかった。

都道府県」というキーワードを入れようと決めた。

なんとなく「僕」をくっつけた。

都道府県と僕」は完成した。

できあがったタイトルを見て思った。

 

こいつは旅行ブログのタイトルだ!!!

 

需要と供給の不一致が今日も世界で起きている。私が求めた雑記ブログタイトル。あなたがくれた旅行ブログタイトル。残念ながら不一致です。

さらば「都道府県と僕」、天国で安らかな眠りを。

 

2『太平洋に浮かびながら』

私は小さな町に住んでいる。

だがその小さな町はより大きな「市」という概念に包含される。

さらに「市」という概念はより大きな「県」という概念に包含される。

さらに「県」という概念は「日本」という概念に包含される。

日本の領土は日本列島と呼ばれる。

そして日本列島は太平洋に浮かんでいる。

つまり私は太平洋に!!!・・・浮かんでいない・・・浮かんでいないんだよ・・・

タイトルで嘘はよくない。「太平洋に浮かびながら」、貴様は地獄に落ちろ。

 

3『地球の真ん中で』

それは「内核」です、さようなら。

 

4『オムライスパンダくんだよ。』

 

キミが最後まで候補に残っていたのが不思議でならない。

他の3つの候補が没になる中、最後まで生き残ったという事実。

不思議だ、実に不思議だ。

しかも最終的に却下された理由が「オムライスは大好物だけどパンダはそこまで好きじゃない」だったのも不思議だ。

一期一会。これも何かの縁でしょう。キミとはまたどこかで会えるはず。

 

以上を持ちまして葬儀を終了いたします。ご会葬ありがとうございました。

最後に故文字列を偲んで・・・・・ 合掌」