ありとあらゆる日記

何を書くかはその日の気分におまかせ

ビジネスプラン(空想)

個別指導塾が家庭教師派遣業も兼ねれば、塾にとっても生徒にとってもいいことづくめだという話。

家庭教師を家に呼ぶうえで一番の懸念は「どんな先生が来るかわからない」ことだ。授業を受けて初めてどんな先生かわかるので、1発で良い先生に巡りあえるとは限らない。だから生徒が納得するまで何人も先生を試しては変えるという余計な手間がかかってしまう。

この問題を解決する妙案がある。塾が「個別指導コース」と「家庭教師コース」の2つのコースを用意するのだ。まず、入塾した生徒には全員個別指導コースに入ってもらい、塾で色々な先生の授業を受けてもらう。そして自分に合った先生が見つかれば、その先生を家庭教師に指名する。指名発生時点で、生徒は個別指導コースから家庭教師コースに移行し、以後は家で授業を受ける。指名を受けた先生は、その生徒の家庭教師になるが、他の生徒についてはこれまで通り塾で個別指導を行う。もちろん、個別指導で継続したい生徒はずっと個別指導のままでいいし、家庭教師コースをやめたくなったら塾に戻ることも可能である。塾側としても、個別指導コースより家庭教師コースの料金を高く設定すれば、家庭教師の指名が起きれば起きるほど儲かる仕組みが出来上がるし、家庭教師の指名を受ける度に先生の時給をプラスすれば、先生サイドのやる気も向上する。教材も塾のものを使用すれば個別指導から家庭教師へのスムーズな移行が可能となる。

このプラン、みなさんはどう思われますか?