ありとあらゆる日記

何を書くかはその日の気分におまかせ

田舎観察記録 ~田舎に就職して体験した数々の衝撃~

田舎の主な交通手段は車である。住民も勤め人も皆、車に乗って移動する。必然、車に関する話題が多かったりする。

「タイヤパンクしとるやん。道路に落ってる釘踏んでもうたみたいや!今年でもう3回目やで!

釘、落ちすぎだ。とはいっても車が破損するのが田舎の常識。この程度じゃへこたれない。

「こないだ車上荒らしにあったわ!俺の住んでるあたりみんなやられたらしいで。鍵かけてない車よりかけてる車の方が被害大きかったわ、ハハハ!

車上荒らしとか空き巣とか犯罪が多いのも田舎の特徴である。

「2ヶ月前にな、家の前に車停めて荷物を運んどってんさ。そしたらちょっと目離したすきに車持ってかれてしもてん。鍵つけっぱやったからな。で、最近警察から電話がかかってきて南港で車が発見されましたよって連絡あったから取りにいったんや。ほんだら車ん中、血だらけやってん!!」

なんなんだこの異世界は。起きる事件がことごとく常識を飛び越えていくじゃないか。

他にも居酒屋で酔っ払って赤の他人に喧嘩売ったら警察官で逆にボコボコにされたとか、

田舎は取り壊す建物が多いおかげで建築の解体屋がアホみたいに儲かるとか、

高齢化が進んだせいで人が死にまくるから葬儀屋がアホみたいに儲かるとか、

faxの送受信数がメールの100倍以上なのにみんな実はスマホ持ってる(但しandroidはいない)とか、

ジャンカラとかシダックスより高性能のスピーカー置いてるカラオケがあるとか、

田舎ののどかなイメージとか完全に嘘で三連休が消防団の練習と地元の祭りと草刈りで終わるとかいうブラック企業が地域全体に広がってるレベルで多忙極まりないとか、

紙折り機とかナンバリングとかいう謎の事務用品の存在とか、

新しい知見・認識をこれでもかというぐらい得ることができる。

 

COME ON 田舎へ。都会とはまた違う刺激があなたを待っている。